「ラマヌジャン」天才数学者のとんでもないエピソード一覧

「ラマヌジャン」とはどんな人物??

本名は「シュリニヴァーサ・アイヤンガー・ラマヌジャン」。

あまりの天才的な数学の才能に「インドの魔術師」の異名をもつ。

大学には奨学金で入学するものの、数学に没頭するあまり他の科目の単位が取れず留年をしてしまい、授業料が払うことができず退学に追い込まれた。

その後は独学で数学を学び続け、何百もの公式をノートに書き留めるという生活を送っていた。

研究の成果をケンブリッジ大学に送り続け、初めは無視され続けていたが、手紙を読んだ教授でも真偽が判断できないほどの内容が含まれていたため評価されることとなる。

もともと、敬虔なヒンドゥー教徒であったため、ケンブリッジ大学入学後も菜食主義を貫いたことが原因で病に侵される。

また、第一次世界大戦も勃発したことにより生活環境も悪化。32歳の若さでこの世を去る。

ラマヌジャンのエピソードとは??

“ラマヌジャンの残した結果は、数学の歴史の中で、「何故こんな式を生み出せたのか、全く説明できない」というレベルのもので、「地球に舞い降りた宇宙人が、気まぐれにその知識を振りまいていった」なんて表現する数学者の方もいたりします。”

“彼が持ち歩いていたノートには、誰も知らない公式、いや自分が発見した不思議な公式が次々に書き上げられ、後にその公式群の奇妙さ、不思議さが世界の数学界を驚かせることになるのである。”

“数学はほとんど独学であり、知識に抜けている部分も多くあった。
数学の公式集で「独学」したラマヌジャンは、「証明」という概念を持っていなかったらしく、与えた結果に対して「何故そうなるのか」と聞かれても、禄に答えることができなかったといいます。”

参考:NAVERまとめ