埼玉県南部で”謎の光”目撃が相次ぐ!!その正体とは??

埼玉県桶川市・川越市で”謎の光”のも喜劇が相次ぐ。

“謎の光”に対する反応は

火球とは
“星空を眺めていると、ときどき星がスーっと流れることがあります。これは、もちろん恒星ではなく、砂粒ほどの小さな天体が地球の大気に飛び込み、プラズマ化したガスが発光する現象です。これを一般に「流星」と呼びます。とくに明るいものは「火球」と呼ばれます。流星が発光するときの高度は、地上100~200kmくらいで、消滅する高度は70~90kmくらいとなります。なお、火球と呼ばれるものは、質量が大きく消滅点が高度40~50kmになることもあります。”
火球とは 天文の基礎知識