「AKB撮影会」本人確認のために身分証を偽造した男が逮捕。その手口とは?

AKBの撮影会に身分証を偽造して入場。

 人気アイドルグループ「AKB48」の撮影会にファン仲間の19歳の少年を参加させるため、身分証明書を偽造したとして48歳の男が逮捕されました。

 静岡県富士市の会社員・飯島誠容疑者は今年5月、知人の少年の高校の学生証の名前や生年月日を書き換えて偽造した疑いで19日に逮捕されました。警視庁によりますと、飯島容疑者は5月に開催されたAKB48のメンバーを撮影できるイベントにファン仲間の少年を入場させるため、インターネット上で購入した他人名義のチケットに合わせて学生証を偽造したということです。飯島容疑者は「自宅のパソコンとスキャナーを使った」と容疑を認めています。

Yahooニュース

19歳の少年がオークションでチケットを入手。

チケットには正規の購入者の名前が記入されているため、入場のために飯島容疑者に相談。

少年を入場させるために身分証を偽造という流れ。